西日本ホーム

ゆたかに暮らす、新鮮な日々を育む理想郷の家

ゆたかに暮らす、新鮮な日々を育む理想郷の家

ゆたかに暮らす、新鮮な日々を育む理想郷の家

K様邸K Family

ご主人と奥様、愛犬2匹の家族構成。
「いずれは緑に囲まれた自然のなかで、ゆっくり過ごしたいと考えていたんです。遠くには伽藍岳と由布岳の稜線が見えて、ずっと寛いでいられるんです。今では県外からの友人が家族連れでお泊りに来るほどの人気スポットに。ゆっくり過ごそうと思っていたのに、逆に忙しくなったぐらい。人との出会いや自然を楽しむ暮らしが、新鮮な毎日を届けてくれます。」

避暑地としても人気の高い湯布院町塚原。
片流れの大屋根がおおらかに広がり、白の塗り壁とレッドシダーの木のぬくもりをアクセントにした住まい。一見すると平屋づくりにみえるのは、すっきりとしたシルエットで整えたから。大きく広がる屋根に薪ストーブの煙突が伸びています。

リビング
夏は涼しく過ごしやすいものの、冬はマイナス15℃にも冷え込む環境。リビングには寒さが苦手な奥様のために、薪ストーブを設置しました。天井のゆるやかな傾斜に沿って伸びやかな吹き抜けが空間にゆとりを生み、冬には薪ストーブの暖かさを楽しむリビングがご夫婦の特等席に。

ロフト調の2階ゲストルーム
天井の高さと仕切りのない大きな空間から生まれた2階ゲストルームは、まるでペンションのような心地よさ。使い勝手の良い長机は西日本ホームオリジナルです。1階の吹き抜けとつながりを持たせ、1階から2階へと風の通り道を作るパッシブデザインを採用しています。

屋根の傾斜を活かして、縦へと伸びる広い空間を生んだバルコニー。雨の日の洗濯物も安心です。

玄関ホール
L字に開いた玄関ホールは、リビングにつながるもうひとつの上り口を設けて、出入りもラクに。短いステップで室内を出入りする工夫をプラスしました。

眩しい緑の庭を眺めるウッドデッキは、暮らしに潤いをプラス。レッドシダーの壁が自然との一体感を演出しています。

家事らくらくの回遊動線&パントリー
家事らくらくの回遊動線&パントリー

お料理上手な奥様がこだわったのは、炊事がしやすい広いキッチンと収納力が高いパントリーの確保。キッチン奥に配したパントリーには大きな鍋や食器が並び、キッチンまわりの使い勝手を高めいてます。また来客時にリビングからパントリーが見えないように配置しているため、生活感を感じさせないのもポイント。短い動線で家中をくるりと回れる動線が移動の負担を軽くしています。

資料請求