西日本ホーム

住んでいる人に聞いてみよう。

西日本ホームで建てたおうちにお住いのOBの皆さんにご協力頂き、一棟一棟の住まいづくりのストーリーをレポート。実際に建ててみて・住んでみての感想を伺いました。

  • 歩ママファミリーAyumi Mama Family

    深い軒を広げる寄棟屋根が美しい平屋の住まい。
    「子どもたちをのびのび育てられる環境と、私たちが年を重ねても暮らしやすい家を建てたかったんです」と奥さま。
    ご夫婦と、3歳と5カ月のお子さまの4人家族+愛犬の家族構成。
    「これから子どもたちが大きくなって、部屋の使い方もどんどん変わっていくのが楽しみ。それでもリビングはいつも家族の集まる場所になればいいなと思っています」と笑う奥さま。
    いつまでも心地よく、そして変わらぬ笑顔が住まいの真ん中にあること。健やかな成長を受けとめる西日本ホームの住まいはご家族の未来をつむいでいます。

  • 美和子ママファミリーMiwako Mama Family

    「希望は将来も暮らしやすい平屋づくりの家。平屋が建てられる土地探しも含め、そのすべてを西日本ホームが叶えてくれました。」とご夫婦。「機能性と予算はもちろん、シンプルだけど飽きのこないデザイン性もあって、何より”個性”があるんですね。これなら自分たちらしい住まいづくりができるんじゃないかと思ったんです。」ポイントになったのは、どこにいても声が届き、家族の気配を感じられる住まいづくり。ワンフロアにつながる平屋ならではのメリットが最大限に生かされています。「すべてがまっすぐにつながって、生活動線もスムーズ。ストレスもなく驚くほど快適に暮らしています。」と奥様。

  • 優希ママ ファミリーYuki Mama Family

    「最初は海辺が似合うようなログハウスに憧れていたんですが、やっぱり長く暮らすことを考えると『住みやすい』ことがいちばんの条件に。そのなかでも目を引いたのが西日本ホームの住まいづくりだったんです」とご主人。 「こんなふうに暮らしたいというニュアンスを、住まい全体のバランスを考えながら丁寧に取り込んでくれる。暮らし心地は想像以上に良くて、なにも言うことがないくらいなんです」と嬉しそうな奥様。家族の住まいをしっかり守る耐震性に優れた2×6工法の家であることはもちろん、地震などの外力に強い6面体の壁パネルが住まいそのものを支えることで、間取りに柱の制限を受けない自由な空間づくりを可能にしていることも大きな魅力のひとつでした。

  • 沙織ママ ファミリーsaori mama Family

    「吹き抜けやレッドシダーの天井は、全部パパのロマンです」そう笑顔で話す沙織ママ。デザインや素材、配色についてとことんこだわった元基パパですが、もともとパパの上司が西日本ホームで住まいを建てたことから、評判を聞いていたそう。「色んな展示場をまわっていたんですが、西日本ホームは担当の方の感じがとても良くて。心配していたローンの相談にも親身にのってくれて、家づくりに関する不安がどんどんなくなっていったんです」。さらに、沙織ママが強く惹かれたのが、その性能の高さです。西日本ホームでは、壁や床、屋根の6面体で住まいを支える構造「2×6工法」を採用していることによって、地震などの荷重に強い住まいを実現。大切な家族を震災から守りたいと願うママにとっては、大きなポイントになったといいます。また、住まいの省エネ化をすすめるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応であることも大きな決め手に。「以前からZEHがいいなと思っていたんですが、標準仕様でZEHが建てられると知ったのは朗報でした。パパの希望だった吹き抜けは、どちらかといえばZEHには向かないそうですが、それでも実現できると聞いて魅力に感じましたね」と話します。この新しい住まいに暮らし始めて、ちょうど半年。「初めての冬は吹き抜けがあってもエアコン1台で十分温かくて、びっくりしました。電気代もかなり抑えられて、ZEHの性能の高さにも驚いています」と満足げに話す沙織ママ。くつろぎを追求した快適な住まいが、家族の幸せを大らかに包み込んでいます。

  • N様邸N Family

    パパとママ、お子さま2人と愛猫2匹の家族構成。
    「子どもたちが広くなったキッチンでホットケーキを作ったり、庭にお花を植えたいねと話してみたり。新しい家で家族と楽しむ時間が増えました。子どもたちが大きくなったこともあって、それぞれに部屋が持てるよう、マイホームを建てることに。でも、私たちにとっては、全てが初めての家づくり。地元の工務店で厚い信頼もあり、何でも話せる西日本ホームに相談することにしたんです。この家で一番いい景色を眺めているのは、リビングの窓の上で寛ぐ猫たちかも。そんなノンビリした姿を見るのも幸せなんです。リビングのソファやスタディスペースと離れていても、同じ空間にいることが何よりも居心地の良い場所。この暮らし方が私たちの理想なんです。」

  • 知子ママファミリーTomoko Mama Family

    パパとママ、お子さまの2人の4人家族。
    美容師である奥様が「安心して子育てができるように」との思いから、新しい住まいに併設する形でプライベートサロンを開業。お子さんたちを一番近くで見守りながら美容師としても長く働き続けられる環境を整えました。「足を止めることなく家事ができる動線のおかげで、家事の時間がグッと短くなって、子どもたちとの時間が増えたことが何より嬉しい!もっと早くに建てれば良かったかな。」

ホームサポートオンライン

スマートフォンがあれば、どこにいてもご参加いただける便利な相談会です。
家づくりのプロがマンツーマンでご対応致します。

資料請求 LINE@ で気軽に相談してみる
LINE@ で気軽に相談してみる