お問い合わせ資料請求

|家造りの約束|わたしたちについて

わたしたちについて

住宅の価値とはなんなのだろう。

私たち西日本ホームが注文住宅を始めたきっかけはただ一つ
「資産価値の落ちない、永く住み続けられる家を」という想いでした。
構造には在来構法に比べて耐震性能の高いツーバイフォー構造を当時いち早く採用。
窓には当時国産で存在しなかったトリプルサッシを採用し、
当時では「オーバースペック」と言われながらも頑固に家づくりを続けてきました。
今日、阪神淡路、東日本大震災、そして熊本地震を経て住宅にはより一層の耐震性が問われています。
また、エネルギー問題が至る所に顕在化し、住宅にさらなる断熱性能が求められてきています。
私たちはここで今いちど原点に還り、住宅の資産価値を見つめ直します。
くらしつづける価値とはなにか。
保続可能性のある家づくりを一緒に始めませんか?

住まいの創り手、人の手で保ち続ける家づくり

|家づくり5つの約束|

資産になること

  • ○ 合理的な構造による、耐震性が明確な家。
  • ○ 地震や火災、あらゆる災害に耐えられる耐久性のある家。
  • ○ 律でダメにならない、性能数値のいい家。

健康なくらしができること

  • ○ くらすだけで人の免疫力を高める家。
  • ○ なるべくエネルギーを使わない、パッシブであたたかい家。

永くつきあえること

  • ○ 永く愛せる素材を生かした家。
  • ○ 地域のビルダーだからできるきめ細かなメンテナンスがある家。

デザインに関する理念が
しっかりしていること

  • ○ 奇をてらったデザインではなく、与条件をしっかり整理した家。
  • ○ 40年後も土地と人に合う、飽きのこない家。

お客様のためになること

  • ○ 共感してくれるお客様一人一人にあった、暮らしを豊かにする家。
  • ○ 無駄を省きコストを抑えた、お客様に還元できるしくみのある家。